English

Katsutoshi Shimizu

Professor of Economics & Finance

Department of Economics

Nagoya University

Katsutoshi Shimizu is the Professor of Economics and Finance at Nagoya University. Shimizu’s research interests are in banking, financial market, monetary economics, and public finance. His papers have been published in international journals on economics and finance.

Experience

Courses

Financial Economics (graduate)

Monetary and Financial Economics (undergraduate)

Introductory Economics (undergraduate)

Advanced Macroeconomicss (graduate)

Seminars (graduate & undergraduate)

Academic Associations

Nippon Finance Association

American Finance Association

Financial Management Association

Royal Economic Society (UK)

Japan Finance Association

Japanese Association of Financial Econometrics and Engineering (JAFEE)

Association of Behavioral Economics and Finance

Japanese Economic Association

Japan Society of Monetary Economics Association

Job experiences

Professor of Economics and Finance, Graduate School of Economics, Nagoya University, 2010 - Present

Associate Professor, Graduate School of Economics, Nagoya University, 2007 - 2010

Department of Economics, Aoyama Gakuin University, 1998 - 2007

Works

Journal articles

Cash policy and the bank-firm relationship. Weihan Cui, Ly Kim Cuong, Katsutoshi Shimizu. Economic Modelling In press, 2020

Funding liquidity risk and internal markets in multi-bank holding companies: Diversification or internalization ? Kim Cuong Ly, Katsutoshi Shimizu. International Review of Financial Analysis 57, 77-89. 2018.

Were regulatory interventions effective in lowering systemic risk during the financial crisis in Japan? Journal of Multinational Financial Management 41, 80-91. 2017. (with Kim Cuong Ly)

Adjusting denominators of capital ratios: Evidence from Japanese banks, Journal of Financial Stability 19, 60-68. 2015.

Bankruptcies of small firms and lending relationship, Journal of Banking & Finance 36, 857-870. 2012.

Is the information produced in the stock market useful for depositors? Finance Research Letters 6, 34-39, 2009.

How can we effectively resolve the financial crisis ; Evidence on the bank rehabilitation plan of the Japanese government, Pacific Basin Finance Journal 14, 119-134, 2006.

Did amakudari undermine the effectiveness of regulator monitoring in Japan? Journal of Banking & Finance 25, 573-596, 2001. ( with Akiyoshi Horiuchi)

The Deterioration of bank balance sheets in Japan: Risk-taking and recapitalization. Pacific Basin Finance Journal 6, 1-26, 1998. (with Akiyoshi Horiuchi)


Recent presentations

Why do firms choose negative net debt policy? Katsutoshi Shimizu. World Finance and Banking Symposium in Taichung. 2018年12月13日.
コメント:竹原均(早稲田大学)・Xin ZHONG(早稲田大学) "Liquidity and Stock Returns: Evidence from Tokyo Stock Exchange Firms"へのコメント. 日本経営財務研究学会 第42回全国大会 2018年10月7日.
Pecking order hypothesis under negative investment environment. Katsutoshi Shimizu. Royal Economic Society Annual Conference 2018. 2018年3月27日.
Pecking order hypothesis under negative investment. Katsutoshi Shimizu. 30th Australasian Finance and Banking Conference , 2017年12月25日.
Funding liquidity risk and internal market in the multi-bank holding companies: Diversification or internalization?”報告者:清水克俊,共著者:Kim Cuong Ly(Swansea University), 日本ファイナンス学会第25回大会,2017年6月3日.
コメント:鶴沢真・大村敬一(早稲田大学)「バーゼル規制対応の新しい資本性証券の課題」へのコメント 日本ファイナンス学会第25回大会,2017年6月3日.
Bank lending behavior and business cycle under Basel regulations: Is there a significant procyclicality? , Presenter:Kim Cuong Ly, FMA European Conference, 2016.
Bank lending behavior and business cycle under Basel regulations: Is there a significant procyclicality?, Presenter: 清水克俊, 日本ファイナンス学会第24回大会, 2016
コメント:Yoshiaki Ogura(Waseda University)“The Objective Function of Government-Controlled Banks in a Financial Crisis”へのコメント.日本ファイナンス学会第24回大会,2016年5月21日(土)
Systemic risk and crisis management: A CoVaR approach. 報告者:清水克俊, 日本ファイナンス学会第23回大会,2015年6月6日(土).

Books

インセンティブの経済学(清水克俊・堀内昭義、有斐閣、2003年10月)

金融論入門 (清水克俊著、新世社、2008年9月)

国債危機と金融市場  財政運営へのインパクト (清水克俊著、日本経済新聞出版社、2011年12月)

金融経済学 (清水克俊著、東京大学出版会、2016年9月

金融経済学入門 (清水克俊著、東京大学出版会、2018年7月刊行予定


Resources

Info for foreign students

If you are intested in studying Financial and/or Monetary Economics at Nagoya University, feel free to send an email to me. My email address is below. Those who are interested in the following themes are welcomed.

  • Banking regulation
  • Empirical analysis on Banking
  • Corporate finance
  • Empirical anaysis on Monetary policy
  • Empirical analysis on Asian financial markets
  • etc.

more...

Special

2019/ 11 /29

学部ゼミにおいて(株)イオン銀行取締役兼執行役員 中島陽朗先生に授業を行って頂きました。


2019/ 11 / 26

国際シンポジウム開催のお知らせ
New Financial Regulations in Global Financial Markets
日時: 2019年11月26日(火) 10:30~12:00
場所: 名古屋大学経済学部2階 カンファレンスホール
基調講演:Kim Cuong Ly (University of Nottingham)

パネルディスカッション :Kim Cuong Ly、菅野正泰(日本大学)、清水克俊(名古屋大学)
対象:名古屋大学の学生、教職員
主催:名古屋大学経済学部清水研究室
共催:名古屋大学高等研究院

Ly先生の紹介

Ly先生はイギリスの名門グラスゴー大学で博士号を取得され、現在イギリスのノッティンガム大学ノッティンガム・ビジネススクール(Finance, Risk and Banking division)の准教授をされています。Ly先生は銀行規制、バーゼルIII、銀行のリスク、流動性、銀行のM & A、コーポレート・ガバナンスなどにご関心があり、代表的な研究には以下のようなものがあります。
1 Ly, Kim Cuong., Liu, Frank Hong. & Opong, Kwaku. (2018). Can parents protect their children? Risk comparison analysis between affiliates of multi- and single-bank holding companies. Journal of Financial Stability 37, 1-10.
2 Ly, Kim Cuong . & Shimizu , Katsutoshi. (2018). Funding liquidity risk and internal market in the multi-bank holding companies: Diversification or internalization?. International Review of Financial Analysis 57, 77-89.


************************************************************************************************

2019/ 11 / 28
Finance Workshop

Speaker: Prof Kim Cuong Ly, University of Nottingham
日時: 2019年11月28日(木)
場所: 第一会議室
タイトル:CEO-subsidiary relationships and banks' risk-taking behaviour
共催:名古屋大学高等研究院



************************************************************************************************

2019/ 11/20
Lunch seminar

Semiinar Guest: Prof Kim Cuong Ly, University of Nottingham
日時:2019年11月20日(水) 11:30~13:00
The aim of this seminar is to let graduate students know the things that young researchers should know. For example,
・How to publish
・How to attend conferences
・How to give the first lecture, etc.
対象:指導教員の推薦を受けて事前に承諾をえられた後期課程院生のみ
共催:名古屋大学高等研究院



*********************************************************************************************

2018/ 12 /11

学部 金融において(株)イオン銀行田中 悟司先生に授業を行って頂きました。

2018/ 11

学部ゼミにおいて(株)イオン銀行中島 陽朗先生に授業を行って頂きました(3回)。

2018/ 7

金融経済学入門(東京大学出版会 )を 出版しました。

2018/ 5

学部ゼミ生がBloomberg投資コンテストに参加しました。

2018/ 1/ 16

学部 金融において、Bloomberg 宮内暁先生にグローバル金融市場についてご講義頂きました。

2017/ 8/ 5

学部ゼミ生がCFA Institute Research Challenge2017に参加しました。

2017/5/26

名古屋大学経済学部主催、東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社協賛 国際シンポジウムを開催しました。
「世界の政治・経済の現状と展望」Global Political and Economic Scene: Current Situation and Future Perspectives
パネリスト
内海 孚 (元大蔵省財務官、元慶應義塾大学商学研究科教授、東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 グローバル・アドバイザリー・ボード議長)
ロバート・M・キミット (元米国財務副長官、ウィルマー・カットラー・ピッカリング・ヘイル・アンド・ドアLLP上級国際顧問)
エンリケ・V・イグレシアス(前米州開発銀行(IDB)総裁、王立エルカノ財団理事)
ジャン-クロード・トリシェ (前欧州中央銀行(ECB)総裁、G30(グループ・オブ・サーティー)議長)
ケヴィン・G・ニーラー(スコウクロフトグループ プリンシパル)
モデレーター: 清水 克俊
後援:名古屋大学国際機構、名古屋大学学術研究・産学連携推進本部

2016/ 12/ 20

学部講義 金融において、十六銀行 田代達生 先生に『地域金融の状況と十六銀行の取り組み』についてご講演いただきました。

2016/9/ 27

金融経済学(東京大学出版会 )を 出版しました。

2016/9

学部ゼミ生が日経ストックリーグに参加しました。

2015/ 12/ 22

学部講義 金融において、日本証券業協会 出前講座として、同協会会長 稲野和利先生に『日本の金融資本市場の諸問題』についてご講演いただきました。

Connect

〒464-8601 名古屋市千種区不老町

名古屋大学 大学院 経済学研究科

TEL. 052-789-2378

shimizu.soec.nu  @  gmail.com

名古屋大学へのアクセス・問い合わせ先一覧

経済学部 教員紹介ページ

アクセスカウンター